ホーム > はじめてのインプラント

はじめてのインプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。インプラント治療を行うことで、治療後の噛む機能が正しく改善されます。慣れるまでは多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものです。でも、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯の歯根と同様に機能します。

 

歯を一本失った場合

 
 
歯を失った箇所にチタンでできた人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯をかぶせて欠損を補う方法です。健康な歯に負担を掛けることがなく、しっかりと顎の骨に固定されるため、天然歯を変わらない感覚で噛むことが可能です。また美しく自然な見た目を回復することができます。きちんととメインテナンスを行えば、半永久的に機能させることができます。


 

歯を何本か失った場合

 
 
複数の歯がなくなった場合、インプラントが支持する人工歯が最良の解決法になります。複数の歯を削る必要があるブリッジやガタつきや緩みによって炎症を引き起こす可能性のある部分入れ歯と異なりインプラントはアゴの骨にしっかりと固定されるため悪影響を及ぼすことがありません。自分の歯のように快適です。
 

歯をすべて失った場合

 
 
上顎、下顎どちらかの歯が全てないケースというのは、インプラントが最適な治療です。部分入れ歯やブリッジでは、固定するために欠損していない歯が必要になります。その歯が物理的に無いのであれば、入れ歯やブリッジを固定できないため、これらの治療法は選択できません。その点インプラントは直接埋め込むため、全ての歯がないケースでも対応できます。